Support / Vibroscope

Vibroscope - 振動レベル測定&解析ツール

icon_vibroscope icon_vibroscopelite

「Vibroscope」は、加速度センサーを使った振動計測・解析ツールです。床、机などに置いての使用や手持ちでも使えるように、端末の方向に関係なく水平、鉛直方向を判定して計測できます。

「Vibroscope Lite」は、「Vibroscope」の測定機能をシンプル化した無償アプリで、Mainモード相当の振動レベル測定が可能です。

あなたの周りの迷惑な低周波振動、たとえば、交通振動、工場騒音、フロア振動などの振動レベルがどの程度なのか知りたいことがありませんか?

このアプリは、直接耳で聞こえないような低周波振動を可視化してモニター表示することができます。水平方向を2軸ベクトル表示、鉛直方向を時間軸波形表示でグラフィカルに表示することで、直感的に振動レベル(加速度 : 単位 m/s2)を知ることができます。

また、地震計などの振動加速度表示で使われるガル単位 (Gal) は、「1 Gal = 1 cm/s2」ですので、本アプリの計測表示値を100倍した数値になります。

さらに、「Vibroscope」は、FFTアナライザーにより低周波振動の周波数成分を解析する機能を搭載しています。振動レベル測定と同時にFFT解析をおこないますので、例えば振動源の特徴を調査することにもご利用いただけます。

「Vibroscope」の最新バージョン(Ver3.1)で、対数スケール表示機能が追加されました。「Vibroscope Lite」の最新バージョン(Ver3.1)で、ピークレベル表示にGal単位表示が追加されました。


ss_vibroscope ss_vibroscopelite

また、環境騒音などのサウンドレベル測定(騒音計)が必要な場合には、iPhone用サウンドレベル測定解析アプリ「Sound Level Analyzer」のご利用をお勧めします。


「VibroScope」をApp StoreTMからダウンロードするには、下記リンクをクリックしてください。App StoreTM内のダウンロードのページを開きます。

別のサイトに移動します。アップルストアからダウンロード


「VibroScope Lite」をApp StoreTMから無償ダウンロードするには、下記リンクをクリックしてください。App StoreTM内のダウンロードのページを開きます。

別のサイトに移動します。アップルストアからダウンロード

App Storeへ接続する際の通信料はお客さまの負担となります。
iPhoneは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。 App StoreはApple Inc.のサービスマークです。

製品情報

# Vibroscope

バージョン : 3.1
リリース : 2019/6/20
サイズ : 1 MB
互換性 : iPhone、iOS 12.2以降が必要。
カテゴリ : ユーティリティ、ライフスタイル

# Vibroscope Lite

バージョン : 3.1
リリース : 2019/6/30
サイズ : 3.2 MB
互換性 : iPhone、iOS 12.2以降が必要。
カテゴリ : ユーティリティ、ライフスタイル

特長

「Vibroscope / Vibroscope Lite」は、つぎのような特長があります。


# 共通機能

振動加速度のリアルタイム表示 (水平方向 - 2軸ベクトル平面グラフ、垂直方向 - 時間軸波形)[単位:m/s2]
3軸合成加速度表示 : compo.[単位:m/s2]
サンプリング周期 : Fast、Slow
表示レンジ : 0 - 2.0 m/s2
各測定値のピークレベル表示(peak)
タイマー計測 : 時間設定可能(Vibroscope Liteは20秒で自動停止)
測定開始時のスタート遅延機能 : 時間設定可能(Vibroscope Liteは3秒)

#「Vibroscope」搭載機能

iPhoneに最適化、コンパクトなコードサイズ
対数スケールグラフ表示(log)
FFTアナライザーによる周波数解析(鉛直方向)、 垂直感覚補正表示、ピーク周波数表示(freq.)
ピーク周波数表示 (FFTモード時)
FFTモードの基準レベル[0dB]の選択(reference level):1e-6m/s/s、または、1e-5m/s/s.
タイマー機能 : 30秒 - 60分
測定開始時のスタート遅延設定 : 0 ー 20秒
スナップショット機能 : 写真への測定表示の保存、タイムスタンプ(測定日時データ)の情報付加
データロガー機能 : 測定データ(x,y,z)と時間情報をLOGファイル保存, iTunesファイル共有で出力可能。

#「Vibroscope Lite」搭載機能

各測定値のピークレベル表示(peak): 地震計等で使われるGal単位での振動加速度値の同時表示

アプリケーション

「Vibroscope」は、つぎのような用途でお使いいただけます。

車通行、工場騒音などによる、床や壁の加速度、周波数成分を解析。
オーディオ機器などのハウリングを計測。
電車、自動車の加速、振動を検知。
水平方向の体の揺れ検知によるバランス感覚のテスト。
地震などの振動加速度の表示。

# 単位変換について :

振動レベル測定は加速度単位[m/s2]の表示です。他の単位系に変換するには、つぎの換算をおこなってください。

地震などで利用されるCGS単位系のガル単位 (Gal : 1 Gal = 1 cm/s2)に変換する場合

* [ガル表示](Gal) = [測定加速度 m/s2] x 100

重力加速度を基準とする加速度単位(G)に変換する場合

* [重力加速度換算表示](G) = [測定加速度 m/s2] / [標準重力加速度 9.80665 m/s2]

動作モード

「Vibroscope」には、2つのモード(MAIN、FREQ)があり、それぞれに対応したモードボタンがあります。 モードボタンをタップすることで、いづれかひとつの動作モードを選択して実行します。

「Vibroscope Lite」は、MAINモード相当の振動レベル測定機能のみ搭載しています。


[動作モード]
MAIN : 振動レベル測定モード (デフォルト) ;「Vibroscope Lite」搭載機能
FREQ : FFTアナライザー・モード

MAINモード : 振動レベル測定表示

MAINモードは、一般的な振動レベル測定(加速度測定)をおこないます。

スタートボタンをタップすることで、振動レベル測定を開始し、ストップボタンをタップすることで停止します。


ss_Vibroscope_init ss_vibroscopelite_init

スピードボタン(fast/slow)で加速度センサーのサンプリング速度を変更し、レンジボタン(+、−)で、表示レンジを切り替えることができます。

振動レベル測定は、実効加速度、その最大値(Peak)の測定値[m/s2]を表示します。

上部に水平方向の2軸グラフ表示、下部に鉛直方向の時間軸波形表示をグラフィカルに表示します。"peak"ボタンをタップすることで、測定値の表示をON/OFFできます。

端末の方向に関係なく水平、鉛直方向を判定して計測できますので、2軸グラフ表示では端末の姿勢により、x−y軸、x−z軸、y−z軸のいずれかの表示になります。


ss_vslite_top_yz ss_vslite_top_yz


「Vibroscope」の最新バージョン(Ver3.1)で、対数スケール表示機能が追加されました。"log"ボタンをタップすることで、対数スケールに変更することができます。

対数スケール表示 (log)

微小な振動を検知する表示モードになります。

通常の状態でのご使用では、振動が収束することがないためグラフが安定することはありません。 非常に小さい数値をグラフ化するため、ご使用環境下のノイズや温度による誤差あるいはセンサキャリブレーションの時間変動による影響を受けることがあります。

また、計測途中で端末を移動した場合センサ補正が狂う恐れがあり、加速度値が一定量に収束する場合がありますので、一旦計測を停止し再計測されることをお勧めします。


ss_vslite_top_yz


また、つぎの設定項目は、選択された動作モードによらず、共通に適用されます。

3軸合成加速度(COMP)

"comp.”ボタンをタップすると、3軸合成加速度(compo)がオレンジラインで描画することができます。


サンプリング周期(測定時間設定)

SLOWまたはFASTボタンをタップすることで、振動レベルを検出する加速度センサーのサンプリング周期を指定します。測定騒音源の種類や発生傾向にあわせて設定してください。計測中はサンプリング周期の切り替えはできません。

なお、サンプリング周期はハードウェア端末やiOSシステムの動作環境などによって影響受けることがあります。

- [FAST] : 100Hz (デフォルト)

- [SLOW] : 40Hz


測定表示レンジ

[+][ー]ボタンをタップすることで、振動レベルの表示範囲(レンジ)を指定します。 測定する騒音源の振動レベルの大きさにあわせて設定してください。

- [+] : 表示できるレンジが大きくなります。

- [ー] : 表示できるレンジが小さくなります。


FREQモード:FFTアナライザー

FREQモードは、内蔵したFFTアナライザーで、高速フーリエ変換(FFT)による周波数解析結果を表示します。鉛直方向の振動レベルを入力信号として周波数スペクトラム解析をおこない、リアルタイム表示します。下部には鉛直方向の時間軸波形を表示します。

「Vibroscope Lite」にはこの機能はありません。

プレイボタンをタップすることで、計測された加速度の時間変動グラフとFFT解析の表示を開始します。ストップボタンを タップすることで一時停止します。MAINモードの測定パラメータ設定はそのまま反映されます。

また、FFT分析結果に対して鉛直振動感覚補正をおこなった周波数カーブを白線で表示します。


ss_vs_fft ss_vs_fft_2

スナップショット : SNAP

操作エリアの"snap"ボタンをタップすると、測定画像のスクリーンショット(カメラロール・キャプチャ)をおこなうこと ができます。PNGフォーマットで保存されます。MAINモード、FREQモードのいづれのモードでも可能です。

さらに、保存画像には、タイムスタンプ(日時データ)の表示画像情報が付加されます。なお、初回保存時に、「写真」へのアクセス許可の確認がiOSシステムより求められます。必ず、アクセス許可してください。

「Vibroscope Lite」にはこの機能はありません。

測定値表示 : PEAK

MAINモードで、"peak"ボタンをタップすると、測定値をON/OFF表示することができます。現在の測定中のピークレベルホールド値を表示します。

また、「Vibroscope Lite」では、地震計等で使われるGal単位での振動加速度値を同時表示します。


ss_vs_val ss_vslite_val

共通設定: SETTING

"Set/Info"ボタンをタップすると、各測定モード時に共通設定が表示されます。

「Vibroscope Lite」にはこの機能はありません。


ss_vs_setting

タイマー(Measurement Time)

振動レベル測定のためのタイマー時間設定が可能です。30秒から最大1時間の範囲で測定時間を設定することができます。また、「Vibroscope Lite」はタイマー時間の設定機能がなく、20秒で自動停止します。

- Measurement time : 30秒、1分、5分、10分、15分、20分、30分、45分、60分


開始遅延時間(Start delay time)

スタートボタンをタッブしてから、実際の測定開始までの時間を指定できます。最大20秒までの時間設定が可能です。スタートボタンのタップ振動などの影響を回避できます。また、「Vibroscope Lite」では、3秒間のスタート遅延時間が設定されています。

- Start delay time : 0 - 20秒


基準レベル(Reference Level)

FREQモードでの振動加速度の基準レベル[0dB]をつぎの基準値から選択することができます。

- Reference Level[1] : 1e-6 [m/s2] (デフォルト)

- Reference Level[2] : 1e-5 [m/s2]


ロギング: LOGGING

測定データと時間情報は、ログファイル (テキスト形式)として保存されます。

iTunesとのファイル共有機能でログファイルを外部出力して、オフラインで解析することが可能です。

なお、端末性能や搭載センサーに依存して、サンプリングレート設定どおりのログデータが出力されないことがあります。

ログデータはテキストデータでつぎのようなデータフォーマットで出力されます。


加速度測定データ : "日時", "x軸加速度", "y軸加速度", "z軸加速度"
加速度データ単位 : m/s2

また、iPhoneとiTunesとのファイル共有については、つぎのAppleサポートサイトをご参照ください。

iPhoneファイル共有について (Appleサポートサイト)

インフォメーション

"Set/Info"をタップすると、製品情報と画面説明を表示します。「Vibroscope Lite」では、”i”ボタンをタップします。

画面説明はスクロール表示することができます。

"Support/Info."をタップすると、Safariが起動してサポートページにジャンプします。「Vibroscope Lite」では、"upgrade Info."をタップすると、"App Store"が起動して当社アプリ情報を表示します。

お知らせ

Vibroscope version 3.1 リリース(June 20, 2019)
Vibroscope version 3.0 リリース(December 29, 2018)
Vibroscope version 2.0 リリース(February 21, 2018)
Vibroscope version 1.1 リリース(May 6, 2016)
Vibroscope version 1.0 リリース(September 17, 2015)

Vibroscope Lite version 3.1 リリース(June 30, 2019)
Vibroscope Lite version 3.0 リリース(December 29, 2018)
Vibroscope Lite version 2.0 リリース(February 22, 2018)
Vibroscope Lite version 1.2 リリース(June 11, 2016)
Vibroscope Lite version 1.1 リリース(September 17, 2015)
Vibroscope Lite version 1.0 リリース(September 5, 2015)

iOS設定の留意点

本アプリは、写真へのアクセスをおこないます。初期起動時に、iOSよりアクセス承認を求められますので、その際には必ず許可していただく必要があります。 もし、不許可にされた場合には、iOSのプライバシー制限により、画像データ保存ができません。その際には、iOSの基本設定(「設定」>「プライバシー」>「写真」)で、このアプリからのアクセスを「許可」していただくことで、利用可能になります。
バックグラウンドでは動作しませんので、長時間の測定をするためには、iOSの基本設定(「設定」>「一般」>「自動ロック」)で「しない」に設定してください。データロギングを利用する場合にはかならず設定してください。

備考

測定表示のxyz軸は、iPhoneに搭載されている加速度センサの空間軸を基準としており、本アプリでは端末状態により2軸表示座標と時間軸座標を自動的に決定します。

・端末を縦方向にした状態:2軸グラフ x-z, 時間軸 y

・端末を横方向にした状態:2軸グラフ y-z, 時間軸 x

・端末液晶面を天に向けた状態:2軸グラフ x-y, 時間軸 z

ログデータに関して、加速度センサの空間軸xyzそのもののデータを記録するため、端末向きとは関係ありません。
測定できる周波数に関して、加速度センサからのデータサンプリング周期は Fast 100Hz、Slow 40Hzです。ハードウェア端末やiOSシステムの動作環境などによって影響受けることがあります。 FFT表示ではサンプリング周期の1/2までの周波数を解析表示しています。
本アプリは端末およびセンサ毎のばらつきや精度誤差があるため、正式な測定には推奨いたしません。また、振動が大きい場合には誤差が蓄積する恐れがあり適切な表示ができない場合があります。 このため、厳密な測定値を保証するものではなく、日常的な振動レベルを測る補助ツールとしてお使いください。
自動車の運転中または機械の操作中には使用しないでください。
長時間測定を行う場合には、バッテリーの消費が大きいことがあります。
対数スケール表示では非常に小さい数値をグラフ化するため、ご使用環境下のノイズや温度による誤差あるいはセンサキャリブレーションの時間変動による影響を受けることがあります。

レビューのお願い

このアプリに関して、ご感想、ご要望などのレビューをお待ちしています。当社の製品開発の参考にさせていただきます。また、皆様のレビュー評価は開発者の励みになります。ご協力をお願い申し上げます。


別のサイトに移動します。アップルストア「VibroScope」のレビューはこちらへ


別のサイトに移動します。アップルストア「VibroScope Lite」のレビューはこちらへ

iOSデバイスからアクセスしてご記入ください。

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせはつぎのメールアドレスまでお願いいたします。


サポート窓口 : support_ap@toon-llc.com (*1)

さらに、下記の情報も合わせてお伝えいただければ幸いです。

1. アプリ名
2. iOSデバイスモデル名
3. iOSバージョン
4. ご要望または問題点などの詳しい状況

( *1 : メールアドレスのアットマークは小文字での入力をお願いします。)

icon_arrow ページトップへ