素敵な音空間の創造 - トオン

point快適な音環境の構築をサポートする機器、ツールの提供
pointスマートフォン向けアプリケーションの開発及び提供
point心地よい音空間の制御技術の開発及び提供

ピックアップ

Noise Viewer - ノイズ・ビューア

icon_NoiseViewer

「Noise Viewer」は、通常の騒音解析では計測できない「うなり音」などのノイズ周波数成分を一目でわかるように表示するサウンド解析アプリです。 様々な音に含まれる周波数成分のゆらぎを検出表示します。サウンドの特徴検出やノイズ原因の調査等にお役立てください。


Sound Level Analyzer - サウンドレベル測定&解析ツール

icon_SLA

「Sound Level Analyzer」は、サウンドレベル測定および音響信号解析ツールを備えた統合アプリです。周辺環境の騒音やライブイベント等のサウンドレベルを簡単に測ることができます。 さらに、サウンドレベル変動表示、スペクトラムアナライザー、FFTアナライザーも備えていますので、リアルタイムの音響解析をアシストします。また、無料版アプリ「Sound Level Analyzer Lite」もご提供中です。


VibroScope - 振動計測&解析ツール

icon_vs

「VibroScope」は、加速度センサーを使った振動計測・解析ツールです。直接耳で聞こえないような低周波振動を可視化してモニター表示することができます。また、FFTアナライザーにより、低周波振動の周波数成分を解析する機能を搭載しています。また、無料版アプリ「VibroScope Lite」もご提供中です。


InclinoScope - 傾斜計&ジャイロスコープ

icon_InclinoScope

「InclinoScope」は、角度・勾配、3次元の傾斜角(yaw/pitch/roll)、角速度などを測定表示するアプリです。 iPhone端末の内蔵センサーの情報をもとに、現在の端末姿勢をリアルタイムに表示します。床の傾斜や建物の歪みなど、さまざまな場所の傾きを簡単に計測することができます。


fo-Kannon - スペクトラム・オーディオ・アナライザー for iPad

icon_kannon

「fo-Kannon」は、iPad上で動作するスペクトラム・オーディオ・アナライザーです。オーディオ測定器として、スピーカーテスト、オーディオ機器のセッティング、サウンドミキシング環境評価など、幅広い分野で利用することができます。


Audio Frequency Analyzer - スペクトラム・オーディオ・アナライザー for iPhone

icon_AFA

「Audio Frequency Analyzer」は、iPhone上で動作するスペクトラム・オーディオ・アナライザーです。iPhoneがコンパクトなオーディオ測定器に変身します。iPadアプリ「fo-Kannon」をテクノロジーをベースにiPhone向けに最適化したアプリです。


Hearing Analyzer - かんたん聴力チェックアプリ

icon_HearingAnalyzer

「Hearing Analyzer」は、聴力テストアプリです。あなたの聴力をオーディオ帯域でグラフィカル表示して確認することができます。ずっといい音を聴き続けたい、あなたの耳の健康をサポートします。また、無料版アプリ「Hearing Analyzer Lite」もご提供中です。


Listening Tuner - 聴き耳サポート

icon_Ltune

「Listening Tuner」は、あなたの「聴こえ」をサポートするサウンドアプリです。 ノイズの多い環境でのテレビ視聴や会話において、聴きづらさを感じたりしませんか? このアプリを使用することで、 より良い「聴こえ」を試したり、あるいは、難聴の疑似体験をすることができます。


Vocalise Scope - リアルタイム音程チェッカー

icon_vocalise

「Vocalise Scope」は、人間の声を対象にピッチ(音程)を推定して、ピアノ・キーボード上にリアルタイムに表示するアプリです。ボーカルのセルフ・トレーニングをサポートします。あなた自身のピッチ感覚をリアルタイムに確認して、あなたの歌唱力の向上にお役立てください。


Tuning Oscillator ONSA - ミュージック基準音生成ツール

icon_ONSA

「Tuning Oscillator ONSA」は、発声トレーニングまたは楽器調音のための基準音発生器です。A4 (440Hz)ピッチを基準にC1〜C8までの音階のトーンを発生させることができます。基準音を420Hzから460Hzの間を1.0Hz単位で調整することで、所望のピッチで調律することができます。


icon_arrow ページトップへ

News Topics